安倍昭恵のスマイルトーク

読み上げブラウザ用メニュー。

記事本文開始。

2008年08月24日(日曜日) 21時12分

[カテゴリー:映画]

チベットチベット

キム・スンヨン監督

キム・スンヨン監督

今年の4月ダライ・ラマ法王にお目にかかった頃、私はチベットのことを検索していて「チベットチベット」という映画の存在を知ります。在日韓国人の監督、キム・スンヨン、沖縄在住・・・丁度5月に沖縄に行く予定があったので、是非会いたいと思い友人達に頼んで連絡先を調べてもらいました。残念ながら既に沖縄には住んでおられなかったので、沖縄で会うことはできませんでしたが、その後東京で一緒に食事をすることになります。

今回は7月22日~8月10日、8月19日~8月24日の期間、東中野にあるポレポレ坐というところで開催された受難と祈りー、チベットを知るための夏というイベントで「チベットチベット」が上映され、キム・スンヨン監督のトークショーもあるということで行ってきました。
午後5時から始まり、まず「チベットチベット」、そして岩佐寿弥監督の作品「モゥモチェンガ」が上映。その後岩佐監督とキム監督の対談。岩佐監督ご夫妻と、母親がチベット西部からネパールに亡命、ネパールで生まれ約5年前日本に来たという女性、ドルマの話・・・と続きます。会場には座りきれない人・・・。その人の多さと来場者の熱い想い・・・。会場は熱気に包まれ終了したのは10時半。なんと5時間半!!これだけの人達、特に若い人達がチベットに深く関心を持っているということに私はちょっとびっくりしました。

1997年。当時、鍼灸整骨師だったキム・スンヨン監督は中国にある鍼灸の大学に行くと親に嘘をつき、学費をもらってビデオカメラを片手に行くあてもない旅に出ます。韓国人としての民族の誇りを持てと祖父母に言われて育ったものの、民族の誇りって何だろうという疑問を胸に・・・。インドのダラムサラで初めてチベット問題を知り、チベット人の苦難を知ることにより民族性について考え直すようになっていくキム監督。彼の純粋さは時に残酷さともなって真実を伝えていきます。長い道のりを経て亡命してきた若い僧侶達が、初めてダライ・ラマ法王の話を間近で聞き、じっとうつむいたまま涙を流しているシーン。見ていて胸が締め付けられるような、何とも言えない気持ちになりました。
長い旅を終えて日本に戻って来たキム監督は金森太郎という日本名ではなく、初めて金昇竜(キム・スンヨン)という本名を名乗るようになるのです。
各地で上映会も行われているようですので興味がある方は是非足を運んでみて下さい。http://tibettibet.jp

岩佐監督ご夫妻が娘のようにかわいがっているというドルマ。彼女の母親はヒマラヤを越えてネパールに亡命。まもなく夫は死亡。再婚相手との間に授かったドルマを洞穴で出産しますが、ドルマの父親は蒸発。そしてその母もドルマが4才の時病気で亡くなります。その後ダラムサラにあるTVCというチベット難民の子ども達を教育する機関で勉強し、デリー大学を卒業後はネパールに戻って英語教師をしていたそうです。ドルマが日本に来たのは28歳の時。目的は日本語を身につけ、仕事を見つけ、そして祖国チベットの真実を多くの日本人に理解してもらう活動をするためでした。流暢な日本語でチベットのことを多くの人に知ってもらいたいと訴える彼女。日本に来るのもビザの問題等大変だったようです。日本に来てからは勉強とアルバイトでほとんど寝る間もないような生活。しかし苦労とは思わなかったと明るく笑いとばしていました。
「日本人は小さな悩みを自分でわざわざ大きくしているような気がする。」
彼女の言った一言が私は心に残っています。

私達は日頃、自分が日本人であり日本に住み、国内どこにでも自由に行くことができ、日本人としてのパスポートがあり、ビザの必要な国に行く際にはビザがもらえる・・・当たり前のことだと思っています。しかし難民にならざる得なかった人たちからすれば、夢のようなこと。私達は日本に生まれたことに感謝をし、自由を奪われている人たちのために何ができるか考えなくてはいけないと思います。
まずは知ること・・・。





この記事、終わり。

読み上げブラウザ用メニューへジャンプ。

2008年08月20日(水曜日) 11時57分

[カテゴリー:映画]

三本木農業高校、馬術部

下関出身の映画監督、佐々部清。2003年、下関を舞台にした映画「チルソクの夏」をみんなで応援しました。あれから5年以上がたち毎年新しい作品を撮り続けられる監督は今や日本を代表する大監督に。
今回10月4日に封切られる[三本木農業高校、馬術部」の試写会に来て下さいと久しぶりにご連絡を頂き、行ってきました。
目の見えない牝馬コスモと馬術部員である香苗の物語。初めはいやいやしていたコスモの世話。段々と心が通じ合い香苗は変っていきます。香苗役の女優、長淵文音。自然な演技と若々しい輝くような笑顔に私はどんどん引き込まれていきました。長渕剛と志穂美悦子の娘だということを試写会の後監督から聞きました。彼女のデビュー作。危険なことでも恐れず、体当たりの演技だったそうです。チルソクの夏に情熱をかけた監督らしい温かい作品。思いっきり泣かされました。

この記事、終わり。

読み上げブラウザ用メニューへジャンプ。

2008年03月22日(土曜日) 23時40分

[カテゴリー:映画]

受験のシンデレラ

和田秀樹監督

和田秀樹監督

精神科医である和田秀樹先生が初めて映画監督をした作品「受験のシンデレラ」を観ました。精神科医としての本業以外に受験対策の本を数多く出し、受験生から圧倒的な信頼を得ている他、「大人のための勉強法」等数百冊に及ぶ著書がある和田先生。ワインをこよなく愛され、たまにご一緒させて頂いています。今までもそんなにお仕事をしていつ寝ているのだろうと思っていましたが、今度は映画監督、そして同タイトルの小説まで書き下ろされました。もともとの夢は映画監督だったということですが、夢をかなえた上、初監督作品でモナコ国際映画祭にて最優秀作品賞を獲得。「すごい・・・」のひとことです。しかし先生は一緒に飲んでいても決してそのスーパー振りをひけらかすことなく、むしろ余りにも正直すぎて笑ってしまうような、林真理子さんが絶賛する愛すべきキャラクターです。
映画の内容はがんで余命1年といわれた塾のカリスマ講師が、高校中退してすさんだ家庭環境にありながらも懸命に生きている真紀と偶然に出会い、彼女を東大に合格させる為に緩和ケアを受けながら勉強のし方を教えていくというものです。医者として、受験の指南者として和田先生の専門知識が存分に盛り込まれ、なおかつ繊細でナイーブな心温まる作品・・・。励まされ、考えさせられる作品・・・是非映画館に足を運んでみて下さい。

この記事、終わり。

読み上げブラウザ用メニューへジャンプ。

2007年01月27日(土曜日) 09時21分

[カテゴリー:映画]

あなたを忘れない

「あなたを忘れない」という映画を見ました。6年前、線路に落ちた見も知らぬ日本人を助けようとして亡くなった韓国人留学生、李秀賢(イ・スヒョン)さんのお話です。正義感あふれる爽やかな青年が、将来のこと、好きになった女の子のこと、家族のこと、日本と韓国の関係、日本人と韓国人の違い・・・様々なことを考え、悩みながら真剣に生きていた様子が伝わってきて涙が止まりませんでした。
ご両親はじめ周りの方々にとっては本当につらく悲しい出来事だったと思いますが、この事故は私たちに多くのことを教えてくれました。短かったかもしれませんが、彼の人生は豊かな実りあるものだったと思います。そして大きな使命を果たすために神様に召されていったのでしょう。
イ・スヒョンさんのご両親は事故後に寄せられた多くのお見舞金をアジアから日本語学校等に学びに来る就学生のための奨学金に当てることにされ、李秀賢奨学会が設立されました。そして今まで300人近い学生達が日本で学ぶ機会を得ることができたそうです。イ・スヒョンさんの遺志を継いだ大勢の若者達が育っていくことを期待したいと思います。

29歳でこの世を去った吉田松陰先生は「十歳で死ぬ者は十歳の中におのずから四季を存し、二十歳は二十の中に、三十歳は三十の中に、五十、百はおのずから五十、百の中に四季を有するはずである」と語っておられます。イ・スヒョンさんは26年の実を結び、その種子がこれからも受け継がれていくことでしょう。


この記事、終わり。

読み上げブラウザ用メニューへジャンプ。

月間カレンダー。

カレンダーをスキップ。

2008年8月


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

読み上げブラウザ用メニューへジャンプ

読み上げブラウザ用メニューへジャンプ。

検索


読み上げブラウザ用メニューへジャンプ。



プロフィール

安倍 昭恵

安倍 昭恵

元総理大臣「安倍晋三」の妻。1987年、職場の上司の紹介で安倍晋太郎元外相(故人)の秘書を務めていた安倍晋三と結婚。

RSS1.0 powered by a-blog

ページのトップへ ページのトップへ